teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


安定されているようで良かったです

 投稿者:エス・リュウ  投稿日:2017年 8月29日(火)20時29分38秒
  >お腹回りに問題発生中

健康になった証左の不健康、大いなる矛盾ですが、あるあるでもありますね。
落ち着いて来られたようで、なによりです。

>一回ためしに飲んで、次の日だるくて何もできなかった

そうなんですよねー。
僕が抗鬱剤だったか向精神薬だったかを飲んでた時も、めちゃくちゃ眠くなってあまり
仕事になってませんでした。
上司も事情は知っていたので、こっそり査定が下がったぐらいで表立って怒られる事は
無かったですが、精神薬をもらって無理矢理仕事するぐらいなら、いっそ休んだ方が
いいなと思いました。

>リーダーの一存で「休止」にしていた

素晴らしいリーダーですね!
どれだけ復帰を心待ちにされていたかがうかがえます(笑)

>残業はほぼないし、変な人と接する機会もないので、
>ストレスを感じるような要素はないはず

僕も今、まさにそんな感じです。
ほぼ定時で帰っているのに、常にストレスを感じています。

原因は実はわかっていて、「ほぼ」の所と、家に帰ってからの家事と遊びのバランスが
取れてないせいです。

ここ数カ月、会社の雑用のために「30分」帰るのが遅くなってます。
で、家でやるべき家事が多く、そしてやりたいゲームや読みたい文庫本やらが多すぎて、
前者のせいで後者が全く進まなかったり詰まれていったりしており、「あと30分早く
帰って来れれば」というストレスが地味ぃ~に溜まってます。

やりたい事が多すぎると、やれた事よりもやれなかった事の方が印象に強く残ってしまい、
会社は忙しくないはずなのにフラストレーションだけがどんどん溜まっていくという
感じになります。
やりたい事も少し整理していかないととは思っているんですが、難しいです。

>家族との時間を確保

そうですねー。
家族でも友達でも、ホッとする時間を共有できる相手が居るというのは、大事な事だなぁ
と思います。
 
 

もうすぐ復帰3ヶ月です

 投稿者:Tub  投稿日:2017年 8月20日(日)12時11分35秒
  順調にリバウンドし、お腹回りに問題発生中です(笑)

この2カ月、スーパーサブとして、決まったタスクもなく、だらだらと作業していたら、
体重が戻るどころか、若干のオーバーラン。
腹回りもボーダーラインを超えてしまいました。

> 向精神薬まで行っていると「ご無事で」とは言い難い所もありますが、
> でもご無事で良かったです。
一回ためしに飲んで、次の日だるくて何もできなかったので、
結局処方はされたものの、殆ど飲まずに済みました。

> なんでしょう、この「戻ってくる前提」のような準備の良さは(笑)
> とはいえ、必要とされていると思えるのは、それはそれで嬉しいものですね。
後になって聞いたんですが、
客先で作業するために必要なアカウントは
1月いっぱいで「退場」の扱いだったはずが、
リーダーの一存で「休止」にしていたそうです。
なので、参画初日からまさかのフルアクセス可能(笑)

> 僕の場合、鬱になっても食欲が減らないんですが、それが個人的にそういう性質なのか、
> 単にそこまでの鬱になった事が無いだけなのかはわからないです。
今の現場に似た症状の後輩がいます。
朝と夕は食べられるものの、昼が全然入らないらしいんです。
そして、なんかいつも調子が悪いとのこと。

残業はほぼないし、変な人と接する機会もないので、
ストレスを感じるような要素はないはずなんです。
でも、何をストレスと感じるかは人それぞれなので、
話しかけたりして様子を注視しています。
本人いわく、仕事も暇だし、何が原因かわからない、とのこと。

> だからこそ、ついつい頑張り過ぎちゃうという所があるので、
> 注意しないといけないなぁと自分でも思います。
耳の痛い話です(笑)
私も、今回は稼働に注意してもう少し家族との時間を確保しながらやらないと、
と肝に銘じているところです。

 

心休まる日は働いている限り決して来ないのかも

 投稿者:エス・リュウ  投稿日:2017年 6月25日(日)18時05分59秒
  と、僕も思う今日この頃、いや、忙しさで言えばTubさんとは比べるべくもなく忙しくない方
なんですけど。
残業も今の所はそんなにしてないですし。
でも、仕事の内容が濃かったり妙なプレッシャーが有ったりすると、定時が多くてもそれなりに
疲れるんですよねー。

>精神科で向精神薬やら睡眠薬やら

向精神薬を処方されるとは、かなりヤバいラインにまで踏み込んでしまっていらっしゃったん
ですね、お疲れさまです。

>幸い、会社を休むとこまではいかないで6月を迎え

向精神薬まで行っていると「ご無事で」とは言い難い所もありますが、でもご無事で良かった
です。

>本来の持ち主に返す

なんでしょう、この「戻ってくる前提」のような準備の良さは(笑)
とはいえ、必要とされていると思えるのは、それはそれで嬉しいものですね。

>というわけで、体重こそ10kgほど減っているものの、

うわぁ、体重がそこまで減るのも、まずいラインですね。
僕が休職したり向精神薬を処方されてた時は、体重は減らなかったんです。
僕の場合、鬱になっても食欲が減らないんですが、それが個人的にそういう性質なのか、
単にそこまでの鬱になった事が無いだけなのかはわからないです。

もしかすると、お酒に弱くて記憶を失うまで飲めないのと同じように、鬱に弱くて食欲が
無くなる前に耐えられなくなるとかかもしれません。

>居心地のいい職場で頼りにされるのは悪いもんでもない

そうですね、頼りにされると嬉しいですし、頑張ろうと思えます。
だからこそ、ついつい頑張り過ぎちゃうという所があるので、注意しないといけないなぁと自分
でも思います。
 

私は帰ってきた

 投稿者:Tub  投稿日:2017年 6月11日(日)20時33分36秒
  3ヶ月ぶりのご無沙汰でした。
なんとか生きてます。というか、やっとこさ持ち直したところです。

あれから結局、5月一杯まで作業することになり、
最終的には精神科で向精神薬やら睡眠薬やらを処方されるところまで行きました。
幸い、会社を休むとこまではいかないで6月を迎え、
2月までいたところに戻ることができました。

元いたプロジェクト、私がいなくなったことで、色々支障が出ていたようで、
戻って2日目には会議への参加依頼が来る始末。

また、私が退場するときに手放した色々な物品も
本来の持ち主に返すとか言われて戻ってきて、
持ち込んだノートPC以外にデスクトップ機、卓上カレンダー、卓上ゴミ箱、
サイコロキャラメル水曜どうでしょう仕様などなどが机上にズラリ。
隣の人いわく、「参画3日目の人の机じゃない」状態に(笑)
というわけで、体重こそ10kgほど減っているものの、
精神的には2月の頃の状態に戻ることができました。

まだまだ暖気運転ですが、忙しくなるのは時間の問題のようです。
とはいえ。居心地のいい職場で頼りにされるのは悪いもんでもないのかな、
と思う今日この頃です。
 

桜の季節は好きですが

 投稿者:エス・リュウ  投稿日:2017年 3月20日(月)22時13分41秒
  イコール花粉の季節なのが辛い所です。

>なんかもう、色々と思うようにいかなくって
>まいっている

ぬぬぅ。中身がわからない自分が軽々しく言える事では無いですが、もう「むっきー」って
なっちゃう時ってありますよねぇ。
僕は最近、無意味にしんどいような仕事があると、「あぁぁもう、自分から辞めるとは言い
にくいから、会社の方から辞めろって言われないかなぁ」と思いながら仕事しています。

>そんな現場の懸念も予算切れの前には無力

「予算切れ」は本当に、最大の敵にして最大の問題ですよね。
自分達の力でも、そして予算を出すお客さんの力でもどうにもならないのが何ともです。
「1日が24時間しかない問題」もそれに匹敵はしますが、それは予算さえあれば何とかなる
事もあるので、ランク的には予算の下にある印象です。

>大きな病院とかは気軽に行ける雰囲気でもない

大病院は初診料も高いですし、いっつも混んでてすっごく待たされますので、ちょっとした
事で行く場所ではないですが、行かなければならない時には速やかに行かなければいけない
ので、そこをちゃんと見極めてくれる町医者がいいお医者さんだと思います。

>そしたら、海外とか連れてってあげるんですが、、、

海外ですか!もやは偉いのレベルが違いますね!
うちの場合、親がもともと旅行が好きで、働いてる時から国内はあちこち自主的に行って
ましたから、海外も行きたきゃ勝手に行くだろうとは思ってて、そこに甘えてる所があります。
あと、親の方が圧倒的に金があるので、自分にとっては奮発のつもりでも、親にとっては
そんな金額でも無いしなぁと、そこでも甘えています。
もう一つ、結婚してると自分の稼ぎが自分だけのものではないので、自分の親だけのためには
使えないという制約もあり…、とりあえずまぁ、甘えてばっかりです。

>市民サークルで高齢の方と接する機会が多い
>70超えると途端に女性ばっかり

そうなんですか。色々と活動されているんですね、凄いなぁ。
おそらく元々性別的に女性の方が長生きできる性質があるんだとは思いますが、仕事を
バリバリしている友人の最近の老け方を見るとそれだけではないように感じます。
僕なんかは就職するまでが遅かったですし、決して責任ある仕事を必死にしたりはしない
ようなぬるま湯社員だったりで、自分で言うのもなんですが年齢不詳と言うか、良く言えば
若く、悪く言えばぺーぺーに見られがちです。
仕事をバリバリするほど老けるとすれば、男性の方が寿命が短いのはそのせいもかなりある
かもしれないと思いました。

>あんまり背負わないと切られるし、背負い過ぎると持たないし、、、

全く背負わないってわけにはいかないですもんね。
「背負ってます感」をどれだけ自然に醸し出せるかは、仕事のテクニックではなく、人生の
テクニック的な意味で必要なことかもしれないです。

>適当なタイミングで抜いてもらえばいい

とてもわかります。
僕はもう、仕事を始めた当初こそ、途中で入って途中で抜けてだとプロジェクトの顛末が
わからなくてもやもやすると思ってましたが、今ではすっかり途中退場の責任の無さが気楽で
いいになってしまっています。

>ならば、評価されるところで頑張りたいと。

そうですねー。たしかに評価してくれる所だと頑張れます。
でも、僕の場合、評価されないならされないでもいいやと最近は思っています。
評価されようとして無理をしてもいいこと無いなとも思っていて、無理するのが人生において
幸せに繋がらないのであれば、無理はしない方がいいと思っています。
ただ問題は、自分にとって何が幸せか全く見出せていないので、最終的に無理しない≒努力
しないだけのダメ人間になりつつあるという事です(苦笑)

>精神的に辛い(何やっていいのかわからない、周囲についていけないなど)場合は
>びっくるするくらい踏ん張りがきかなくて体調崩してしまうので。

そうそう。精神的な方が、ウェイトは大きいですよねー。
残業続きでも意外と大丈夫な時もあれば、定時で帰っているのに妙にしんどい時もあります。

>我々の業界ではフリーで働いてる方もいるじゃないですか。
>そういう方はこういった不満は抱いていないように感じています。

我々も、腐っても専門職、お客さんが払っている金額は結構な高額なんですよね。
でも、それは会社に入るお金なので、社員に入るお金では無いんですよね。
例えるなら、お笑い芸人の事務所みたいなものでしょうか。
芸能人も、個人事務所でやってて売れてる人は「がっぽり」らしいので、フリーでやれる
実力がある人は、やっぱり「がっぽり」なんだと思います。
逆に言えば、我々のようなIT系会社員は、事務所に収入を吸い取られているお笑い芸人の
ような存在なのかもしれません。

>別の賃金安いところに仕事を取られるだけ

競争原理はそういう負の面があるから、それを抑制する(悪循環にならないようにする)
というのが政府による規制の目的のはずなんですが、経済活性の名の元にむやみに規制緩和を
するから、悪循環になって、結局は経済がいびつになってしまっているように思います。

>休みを取りづらい人の下に入ると、ホント大変です、、、

そうなんですよねー。
仕事が無い時に休みを取ろうとしても、なんだかんだと渋い顔をして、もちろん仕事がある
時に休みなんか取れず、じゃあいつなら取っていいんだよという。
 

カウントダウン桜の開花ですね

 投稿者:Tub  投稿日:2017年 3月12日(日)11時49分20秒
  ご無沙汰しております。なんかもう、色々と思うようにいかなくって
まいっている今日この頃です。

> 仕様も課題も整理されて無い、混沌としたシステムの仕事ほど長く続きやすいので、
> そういうのはげんなりするんですが、それは飽きるとはまた違いますよね。
そう言われると、なかなか線引きが難しいですね(笑)
私もどっちかというと、げんなりするに近いかも。


> 残された方は、まともに中身を触れるようになるまで
> かなり時間が掛かりそうです。
> それは残された方は戦慄します。
しかし、そんな現場の懸念も予算切れの前には無力でして、
結局、引き継ぎ不十分のまま退場となりました、、、


> そこが「他を紹介できないタイプのヤブ」だと
> 色々と発見や対処が遅れて深刻な状況になる事があるので、
> そういう意味で田舎はつらいなぁと思います。
かといって、大きな病院とかは気軽に行ける雰囲気でもないでしょうし、、、


> おおー!超偉い人じゃないですか!僕は親を旅行になんて連れて行った事ないですよ
仕事の関係でなかなか休みが取れないのが悩みです。
ある程度高齢になると、飛行機使うような遠出は辛いので、
祝日とかいらないから、年に1回、1週間丸々休みとかくれたらいいのに、、、
そしたら、海外とか連れてってあげるんですが、、、


> 後期高齢を超えると、特に男性は周りがどんどん脱落していきますね。
確かに!私、市民サークルで高齢の方と接する機会が多いんですが、
70超えると途端に女性ばっかりになります。


> 自分で背負おうと思えばどこまでも背負ってしまえがちな業界ですから、
> いかに上手く分散させるかが肝要だと思います。
どこまで背負えるか、というさじ加減が難しいですよね。
あんまり背負わないと切られるし、背負い過ぎると持たないし、、、


> ある程度形になったらじゃあさようならと去れる下請けの方が、僕にとっては気楽でいいやと思います。
私もそっち側です。
むしろ参画して合わなかったら、適当なタイミングで抜いてもらえばいいとすら
考える人間ですので。

私思うんです。一つの所で評価されたからと言って、
どこに行っても評価される仕事ができるかというと、そうでもないと。
ならば、評価されるところで頑張りたいと。

そして、評価されるようなところってどんなところかっていうと、
作業していてストレスをあまり感じないところだと思っています。
肉体的に辛くても、精神的に余裕があれば、ある程度は踏ん張りがきくんですが、
精神的に辛い(何やっていいのかわからない、周囲についていけないなど)場合は
びっくるするくらい踏ん張りがきかなくて体調崩してしまうので。


> 契約社員になった事が無いので軽々しくは言えませんが、きっと契約を切られないように
> 頑張って働いていて、それなのに賃金が安く、そして切られるというのが、悲劇なんだろうな
> と思います。
我々の業界ではフリーで働いてる方もいるじゃないですか。
そういう方はこういった不満は抱いていないように感じています。
やっぱり賃金の差なんでしょうか。

> 真面目なのは日本人の美徳ではありますが、自分の身は自分で守るという意味でも、雇用形態と
> 給与に見合った働きというのも考えないといけないのかなと思います。
契約社員が多くなりすぎて、誰かが賃金上げても
別の賃金安いところに仕事を取られるだけなんでしょうね。
なので、あげるなら業界全体が一気に上げないと意味ないんでしょうが、
競争原理が働いて、そううまくはいかないのかもしれません。


> 有休は労働者の権利なので、極論を言えばできるはずなんですが……、
> 前の行の話と自己矛盾しちゃいますが、なかなか会社の意向に逆らって我を通すというのも、
> 現実問題としては難しいです。
同感です。休みを取りづらい人の下に入ると、ホント大変です、、、
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:エス・リュウ  投稿日:2017年 1月 9日(月)14時43分9秒
  >今年も無理ないペースで、宜しくお付き合い頂ければと思います。

こちらこそ、甘えてゆっくり返信になってしまっていますが、よろしくお願いします。

>仕事もプライベートも段々と落ち着いてきました。

それは何よりでした。
あとは、この落ち着きがどのぐらい続くかですね。
直ぐにまた忙しくなる事もあるので、できるだけ長く続く事をお祈りします。

僕も短期集中の深夜残業前提の出張から帰って来て、今は穏やかになっています。
ずっとこの状態が続けばいいのになぁ。

>その内飽きてくる

僕は飽きるほど同じ仕事が続く事は今まで無かったので、飽きるという感覚は正直わからない
んです。
仕様も課題も整理されて無い、混沌としたシステムの仕事ほど長く続きやすいので、そういう
のはげんなりするんですが、それは飽きるとはまた違いますよね。

>何せ、入力項目が700個かつ、画面制御が複雑で仕様書のない画面(1画面)の全仕様と、
>アプリケーションサーバーの構築や環境に関する知識が丸っとブラックボックス化する

うわぁ、入力項目700と仕様書が無いの片方ずつならやった事がありますが、両方を併せ持つ
のはやった事無いですねー。
それにサーバー環境までとなると、残された方は、まともに中身を触れるようになるまで
かなり時間が掛かりそうです。
それは残された方は戦慄します。

>検査の結果、耳の後ろ辺りにある、三叉神経に腫瘍

検査って大切ですね。あと、他の分野の医者に診てもらう事も。
やっぱりいい医者かどうかって、自身で原因が分からなかった時に、原因が分かりそうな所を
適切に紹介できるかどうかだと思います。

僕の住んでる所はそうでもないんですが、もう少し田舎に行くと医者が1分野に1件だけとか、
もっと行くと全体で1件だけとかしかなくて、そこが「他を紹介できないタイプのヤブ」だと
色々と発見や対処が遅れて深刻な状況になる事があるので、そういう意味で田舎はつらいなぁと
思います。

>なので無理やり休みを取って旅行に連れて行ったりしています。

おおー!超偉い人じゃないですか!僕は親を旅行になんて連れて行った事ないですよ。
親が自分で勝手に行く人だってのもありますが、プレゼントとかもほぼした事無いです。
直近だと、還暦の時ぐらいです。

>動ける友人が殆どいない

確かに、うちの祖父も後期高齢に入ったぐらいで亡くなり、実際にはその数年前から肺を悪く
して携帯酸素ボンベ同伴でしか移動できなくなってましたから、後期高齢を超えると、特に
男性は周りがどんどん脱落していきますね。

>「人がやらなきゃ誰かやる」の心持ち

そうそう、自分で背負おうと思えばどこまでも背負ってしまえがちな業界ですから、いかに
上手く分散させるかが肝要だと思います。
自分は1人しか居なくて、時間は24時間しかないんですから、できないものはできません。

>契約社員が正社員と同じ責任を負っているとは到底思えない

賃金が責任を反映しているという側面は、確かに大きいです。
うちも大手の下請けなので、仕事の内容だけ言えばその大手の人と変わらない事をしていて、
それでいて賃金は比べるべくもなく安いんですが、仕事の受注元であるその大手の人は、
やはり責任がありますし矢面に立ちますし最後まで居ますので、ある程度形になったらじゃあ
さようならと去れる下請けの方が、僕にとっては気楽でいいやと思います。

契約社員になった事が無いので軽々しくは言えませんが、きっと契約を切られないように
頑張って働いていて、それなのに賃金が安く、そして切られるというのが、悲劇なんだろうな
と思います。
真面目なのは日本人の美徳ではありますが、自分の身は自分で守るという意味でも、雇用形態と
給与に見合った働きというのも考えないといけないのかなと思います。

>貯めといて、どっかで一気にとる

それは本当にしたいですねー。
有休は労働者の権利なので、極論を言えばできるはずなんですが……、前の行の話と自己矛盾
しちゃいますが、なかなか会社の意向に逆らって我を通すというのも、現実問題としては難しい
です。
 

新年明けました

 投稿者:Tub  投稿日:2017年 1月 3日(火)11時30分52秒
  今年も無理ないペースで、宜しくお付き合い頂ければと思います。

> 今年もあと残り2ヶ月とちょっと、せめてそれぐらいはTubさんの心が休まる事をお祈りします。
ありがとうございます。
おかげさまで、仕事もプライベートも段々と落ち着いてきました。


> きつい仕事がエンドレスになるというのは嫌な側面ですね。
しかも、長く同じシステムやってると、その内飽きてくるんですよね、、、
今の私がそう(笑)


> 全員放出されるならいいですが、人員削減の結果、残る側にされると最悪なんですよねー。
幸い(?)私は1月で離脱が決まりましたので、私としてはテンション高いのですが(笑)
残るメンバーと客先は戦慄と驚愕の渦に飲み込まれております。

何せ、入力項目が700個かつ、画面制御が複雑で仕様書のない画面(1画面)の全仕様と、
アプリケーションサーバーの構築や環境に関する知識が丸っとブラックボックス化するので。
営業が客先やプロジェクトに告げる度に、
「困ります」「どうにか残せませんか」とか言われまくった模様ですが
「弊社の要員計画に基づく決定なので」とすべて突っぱねた模様。


> なんか普段聞かない衝撃の単語に、恐れおののいてしまいます。
最初は耳の聞こえが悪い、から始まったんです。
ですが、耳鼻科に行っても異常なし。
その内に歯が痛くなったとかで、
歯医者に行ったら大学病院を紹介され、脳神経外科に。

検査の結果、耳の後ろ辺りにある、三叉神経に腫瘍が出来ていて、
それが三叉神経を圧迫して、耳が聞こえなくなったり、
歯が痛くなったりしていたのだそうです。


> 健康寿命と寿命が乖離してくると、厄介です。
確かに。同感です。
いつ親が動けなくなるかと考えると、動けるうちに色々連れて行ってあげた方がいいのかな、
と今年は特に思うようになりました。

なので無理やり休みを取って旅行に連れて行ったりしています。
父親なんかは後期高齢なので、その歳になると、動ける友人が殆どいないようです。


> まぁでも、久しぶりですし、少しは頑張らないといけないなぁとは思ってます。少しは。
IT業界に限った話ではないですが、
「人がやらなきゃ誰かやる」の心持ちで行かないと、この先やってけないんじゃないかと思います。


> 極端な話、正社員と契約社員の垣根を無くすために、
> 正社員という形態は辞めて全部契約社員にします、なんて会社も出てきかねないように思います
正社員と契約社員が同じ労働をしているからといって、
賃金を同じにするというのは乱暴だと思ってます。

残酷な言い方をすると、会社にとって、契約社員は正社員ほど重要じゃない。
契約社員が正社員と同じ責任を負っているとは到底思えないんですよね。
正社員は契約社員と同じこともできるけど、他に色んなこともしなきゃならないから、
その分賃金が多いんだと思います。


> 前日徹夜しないと次の日休めない状況なら、
> むしろ休みの予定の方を何とかできないかを考えます(笑)
貯めといて、どっかで一気にとる、とか出来ればいいのに、、、
 

雨の日は寒さすら感じるようになりました

 投稿者:エス・リュウ  投稿日:2016年10月16日(日)22時23分55秒
  その反面、晴れると暑さを感じるので、体温調節機能がおかしくなる気分になります。

>早くも今年が人生最悪の一年であることが確定

うーん、凄いです。何が凄いって、話を聞いてるだけでも、僕だったら耐えられる気がしません。
今年もあと残り2ヶ月とちょっと、せめてそれぐらいはTubさんの心が休まる事をお祈りします。

>法律改正

法改正は、需要な「食いぶち」要素ではありますが、きつい仕事がエンドレスになるというのは
嫌な側面ですね。

>予算切れによる放出

全員放出されるならいいですが、人員削減の結果、残る側にされると最悪なんですよねー。
世の中は罠だらけです。

>脳神経にメスを入れたため

マジですか?!
なんか普段聞かない衝撃の単語に、恐れおののいてしまいます。
とはいえ、いずれ自分の親もそういう日が来るかもしれないし、多分自分にもそういう日が来る
かもしれないなぁとも思います。

>両親の健康寿命

あまりいい言い方では無いかもしれませんが、健康寿命と寿命が乖離してくると、厄介です。
医療の進歩で寿命は延ばせますが、健康寿命となるとまだまだ限界がありますし、病気は
自分ではどうにもならない所も大きいですから、自分の親や自分自身も含めて、運の良さを
祈るしかないです。

>その人材が抜けるとなったときにツケがやってくる

うちの会社でも、まさしく「主力」の退社が連続し、おかげで僕のような不良社員(精神的に
虚弱すぎて使いにくいという意味で)が久々に出張に駆り出される事態になりました。
上の方からすれば、僕に虚弱を克服してもらういい機会とも思ってるかもしれませんが、
僕としては早くも心が折れかけてます。
まぁでも、久しぶりですし、少しは頑張らないといけないなぁとは思ってます。少しは。

>絵にかいたモチ

同一賃金同一労働は、個人的には、それを実現するために労働はそのままで賃金の方を低い
方に統一しようとする流れが生まれそうに思えます。
極端な話、正社員と契約社員の垣根を無くすために、正社員という形態は辞めて全部契約社員に
します、なんて会社も出てきかねないように思います。

>「同一」の定義が形骸化

定義の形骸化は、政治家のお家芸とも言えますから、十分にあり得る未来というか、僕も
そういう未来しか浮かびません。

>満喫できる条件として、前日徹夜とかは勘弁です

満喫するためには、やはりベストな体調で迎えないとですねー。
前日徹夜しないと次の日休めない状況なら、むしろ休みの予定の方を何とかできないかを
考えます(笑)
 

金木犀の香る季節になりました

 投稿者:Tub  投稿日:2016年10月 2日(日)11時46分22秒
  うげ!もう10月!早くも今年が人生最悪の一年であることが確定しています(笑)
願わくば、このまま平穏に一年を終えたいです。いやほんと、頼みます。

> この業界、「最後」がいつになるのかがわからないという罠もありますし
おまけに、参画中のシステムは毎年、法律改正という名の使用追加&変更が発生するわけで、、、
頼みの綱は予算切れによる放出です(笑)


> うちでも、忘れた頃にというか、
> もう忘れたよという仕事の保守が、
> 今やってる仕事の横から入って来てげんなりしてるメンバーが居ます
現在進行形の現場が解らないのに、離れたメンバーが解るはずないんですけどねえ。


> もう軽々しく「大変ですね」とは言えないレベルのものですね
おかげさまで、2ヶ月ほどかけて、やっとこさ正気に戻りました。
脳神経にメスを入れたため、滑舌は元に戻りませんでしたが、
ま、体と心が元気ならいいか、と思ってます。


> 会社を休んでも、「休んでる」わけでは無いですし、
> それで会社の仕事が終わらなくて残業と休出とでは、体が持ちませんよね
おかげさまで、何とか乗り切ったので、しばらくは大丈夫そうです。
とはいえ、今年は色々あって両親の健康寿命について考えさせられることが多かったです。
働き盛りな年齢ですが、家族との時間を増やした方がいいかな、と思っています。


> 会社としては働き者な人材の方が便利なんでしょうね。
> しかも、それでも潰れない強い人材ともなれば、
> 重宝されてしまうのも理屈ではわかります。
そういう人材って麻薬と一緒なんですよね。
安心して起用できるから、色んなシーンで安易に使ってしまう。
結果、その人材が抜けるとなったときにツケがやってくるわけです。

世間では同一賃金同一労働とか騒いでますが、
あんなもの絵にかいたモチだと思ってます。
同一労働させても、プラスアルファできる人材が生き残り、
結局、「同一」の定義が形骸化してしまうんじゃないかと。


> たまには暇を満喫させてくれてもいいのよ?と思います(笑)
ただし、満喫できる条件として、前日徹夜とかは勘弁です(笑)


> こういう時に自然と周りが助けてくれるというのが、
> 本当に優れた人の証なんだろうと思います
もしくは、一つ所に長くいるといいこともある、とい数少ない例でしょう(笑)
 

レンタル掲示板
/23